> セミナー・研修・説明会 > > 食の安全・信頼シンポジウム フードチェーンで取り組む日本発食品安全規格

セミナー・研修・説明会

食の安全・信頼シンポジウム フードチェーンで取り組む日本発食品安全規格

食の安全や環境配慮等の持続可能性、消費者からの信頼の強化などは、「農場から食卓まで」と言われるようにフードチェーンを通じて取り組むべき喫緊の課題です。農業や食品産業では、第三者認証制度を利用した食の安全等の確保と「見える化」に期待が高まっています。世界的にも食品製造・流通のグローバル化が進展する中で、HACCPやGAPを含む食品安全や消費者の信頼確保に関する規格による認証の重要性が増しています。
こうした状況を踏まえ、食品安全に関する国際標準の現況について、ASIAGAP及びJGAP認証制度を運営する日本GAP協会と、日本発の食品安全マネジメント規格・認証スキームJFSを運営する一般財団法人食品安全マネジメント協会が連携して、フードチェーン全体を扱う本シンポジウムを開催します。

日時

2018年11月30日 (金) 13:00 ~ 16:30

会場

ベルサール新宿セントラルパーク 地下1階
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-13-1 新宿セントラルパークシティ内
https://www.jfsm.or.jp/790bc43a04311e6416a53e7ce828881d43b148b9.pdf

参加費

一般: 無料

席数

定員 600名(事前申込み先着順)

プログラム

13時20分 - 13時50分 来賓挨拶
13時50分 - 14時30分 基調講演 「国際標準について」(仮)
14時50分 - 15時35分 パネルディスカッション 「標準化とASIAGAP及びJFSの活用」(仮)
15時40分 - 16時30分 出席者参加型セレモニー実施予定
※プログラムの詳細は変更する可能性があります。ご了承ください。

申込方法

SOMPOリスクマネジメント株式会社のWEBサイトよりお申込ください
http://www.sjnk-rm.co.jp/seminar/jfsm.html