> ニューストピックス > 規格・ガイドライン等 > タイ向け青果物の選別及び梱包施設に係るJFS規格の監査及び適合証明を行う監査会社の公表(20...

ニューストピックス

タイ向け青果物の選別及び梱包施設に係るJFS規格の監査及び適合証明を行う監査会社の公表(2019年7月26日現在 14社)

規格・ガイドライン等

 一般財団法人食品安全マネジメント協会は、タイ国保健省食品医薬局の告示第386号「特定生鮮野菜又は果物の製造方法、製造及び保管における設備及び用具、並びに表示の規程」付属文書2との整合性を確保した規格として、2019年4月に「タイ向け青果物の選別及び梱包施設に係るJFS規格Version 1.0」、また、この規格を監査及び適合証明するためのプログラムとして、同年6月に「タイ向け青果物の選別及び梱包施設に係るJFS規格の監査及び適合証明プログラム規程Version 1.0」を公表しました。  
 この規格の監査及び適合証明を行う監査会社について、監査会社・研修コース承認委員会において、セクター拡大が承認された監査会社を公表いたします(セクターDT:タイ向け青果物の選別及び梱包施設に係るJFS規格)。

※2019年6月19日承認分(監査会社としての登録順)
エコア株式会社 
一般社団法人中部産業連盟 
株式会社BMLフード・サイエンス 
一般財団法人東京顕微鏡院 食と環境の科学センター 
株式会社シー・アイ・シー 
株式会社キュー・アンド・シー 
株式会社ファスマック 
OMリサーチ&コンサルティング株式会社 
SOMPOリスクマネジメント株式会社 
アース環境サービス株式会社 
株式会社オーガニック認定機構 
株式会社消費科学研究所 
株式会社江東微生物研究所

※2019年7月26日承認分
イカリ消毒株式会社
  
 
なお、監査会社の詳細については、こちらからご覧になれます。