HOME > ニューストピックス > 規格・ガイドライン等 > JFS-B規格文書Version 3.0ガイドラインEdition 1.0を公表いたしました

ニューストピックス

JFS-B規格文書Version 3.0ガイドラインEdition 1.0を公表いたしました

規格・ガイドライン等

一般財団法人 食品安全マネジメント協会は、2022年3月31日にJFS-A規格文書Version 3.0、JFS-B規格文書Version 3.0を公表しています。
今回、JFS-B規格文書Version 3.0についての解説を記載したJFS-B規格文書Version 3.0ガイドラインEdition 1.0を公表いたします。併せて、JFS-B規格文書Version 3.0 自己チェックリストも公表いたします。


JFS-B規格文書Version 3.0ガイドラインEdition 1.0、自己チェックリストについては以下をご覧ください。

・JFS-B規格文書Version 3.0ガイドラインEdition 1.0 (PDF)
・JFS-B規格文書Version3.0自己チェックリスト   (Excel)

上記を含む公表文書全体は以下のページをご覧ください。

公表文書一覧

なお、JFS-A規格文書Version 3.0ガイドラインEdition 1.0は2022年7月に公表予定です。
また、現在JFS-B規格文書Version 2.0で適合証明を取得している食品事業者のJFS-B規格文書Version 3.0への移行は、監査会社の準備が出来次第可能となります。
食品事業者へのJFS-B規格の監査は2023年1月1日からJFS-B規格文書Version 3.0による監査のみとなり、2023年12月31日までに移行のための監査を完了することが必要となります。 新規に適合証明を取得する食品事業者は、2022年からJFS-B規格文書Version 3.0による監査は可能です。2023年1月1日以降の監査はJFS-B規格文書Version 3.0による監査となります。


規格文書Version 3.0による監査時期、移行対応については下記をご欄ください。

2022_ND_102_19_ja_通知_適合証明事業者におけるJFS-AB規格Ver. 3.0の適用開始及び移行対応 (PDF)