HOME > ニューストピックス > 規格・ガイドライン等 > 【プレスリリース】日本・台湾間における食品の輸出入拡大のため、一般財団法人食品安全マネジメン...

ニューストピックス

【プレスリリース】日本・台湾間における食品の輸出入拡大のため、一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)と台灣優良食品發展協會 (TQFA)は、食品安全規格の相互承認についてパートナーシップ協定を締結致しました。

規格・ガイドライン等

この度、一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)は日本・台湾間における食品の輸出入拡大促進のための食品安全規格の相互承認を推進するため、台灣優良食品發展協會 (TQFA)とパートナーシップ協定を締結致しました。

日本・台湾間における食品の輸出入を促進するためのパートナーシップ協定
一般財団法人食品安全マネジメント協会(以下、JFSM)と台灣優良食品發展協會 (以下、TQFA)は、2022年11月30日に開催された「TQFA2022年次総会」において、国際ビジネスチャンスを求めている日台それぞれの食品産業を、食品安全認証プログラムの観点から、継続的に支援するためのパートナーシップ協定を締結しました。このJFSMとTQFAによるパートナーシップ協定は台湾経済部工業局局長の連錦漳様と、公益財団法人日本台湾交流協会 台北事務所副代表の服部崇様による立会いのもと、TQFA理事長の周能傳(Neng-Chuan Chou)様とJFSM理事長の大羽哲郎が調印し、締結しました。

本協定は、食品産業分野の適合証明プログラムで同等性のあるJFS規格及びTQF認証の2規格に関する相互承認を推進し、流通・小売業および消費者に対するブランド認知と信頼性を高め、日台間の食品の輸出入を促進させ、グローバルに拡大する機会を創出していくことを目的としています。

本協定により、TQF認証を受けた138サイト*は、JFS-B規格との相互承認プログラムの対象となります。一方、JFS-C規格認証を受けた104サイト*も同様に、TQFレベル1相互承認プログラムの対象となります。また、JFS-B規格適合証明を受けた2,032サイト*については、TQFレベル1とのギャップ審査と製品検査への合格により、TQFレベル1の承認を受けることが可能となります。
(※2022年11月29日時点の公表数に基づく)

プレスリリース:

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000088694.html