HOME >ニューストピックス >規格・ガイドライン等 >JFS-C規格とTQF Level1規格の相互承認を開始いたしました。

ニューストピックス

JFS-C規格とTQF Level1規格の相互承認を開始いたしました。

規格・ガイドライン等

日本・台湾間における食品の輸出入拡大促進及び食品安全規格の相互承認の推進を目的とし、一般財団法人食品安全マネジメント協会(以下、JFSM)は、台灣優良食品發展協會 (以下、TQFA)とパートナーシップ協定を2022年11月30日に締結致しました。

この協定に基づくJFS規格とTQF規格の相互承認プログラムにおいて、新たにJFS-C認証規格とTQF Level1食品安全マネジメント規格(以下、TQF L1)との相互承認を開始いたしました。

これにより、JFS-C認証規格を取得した日本の食品事業者が台湾への輸出を計画しており、TQF L1規格取得を希望する場合には、規程で定められたサンプリング検査を含む審査プロセスを経て、JFSM、TQFAの両認証プログラムオーナーが発行する証明書を入手し、TQF L1規格の相互承認を取得できるようになります。

TQF L1規格の相互承認に必要な手続き、申請書類、登録費用、サンプリング検査の要件など、詳細は以下の規程をご参照ください。

JFS-C認証組織のTQF Level1相互承認に関する規程
JFS-C認証組織のTQF Level1相互承認申請書



本件に関するお問い合わせ:
一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)業務推進部
https://www.jfsm.or.jp/contact/