HOME > ニューストピックス > 規格・ガイドライン等 > タイ向け輸出食品の製造施設に求められる衛生基準に係る規則において、正式にJFS-B規格がGM...

ニューストピックス

タイ向け輸出食品の製造施設に求められる衛生基準に係る規則において、正式にJFS-B規格がGMP証明書として使用を認められました。

規格・ガイドライン等

タイ向け輸出食品の製造施設に求められる衛生基準に係る規則が令和3年4月11日から施行されています。
この度、従来認められていたJFS-C認証書に加え、JFS-B規格適合証明書が本規則に基づくGMP証明書として使用できる文書としてタイ政府により認められました。民間の食品安全適合証明規格としては初めての認可となります。

タイ保健省告示第420号の概要、GMP証明書に関する詳細・お問い合わせ先については農林水産省ホームページをご参照ください。

タイ向け輸出食品の製造施設に求められる衛生基準に係る規則への対応
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/hq/i-4/thailand_gmp_cert.html