> 規格・認証 > 適合証明再取得費用補償制度

規格・認証

適合証明再取得費用補償制度

JFSMでは、JFS規格(※1)の適合証明されたすべての組織に対する適合証明再取得費用補償制度を導入しております。

本制度は、上記JFS規格の適合証明された組織が、大規模自然災害(※2)によって施設または施設内の設備・什器が損傷したことに起因して適合証明を取り消された場合に、適合証明等を再取得した際の監査にかかった費用の一部(1事故支払限度額30万円、自己負担額20%)を補償するものです。


(※1)JFS規格はJFS-A/B(食品製造・化学製品製造)、JFS規格(フードサービス)、タイ向けJFS規格を指します。

(※2)大規模自然災害は、災害対策基本法に基づき内閣府に非常災害対策本部が設置された風災・雹災・雪災・水災をいいます。


1. 適合証明再取得費用補償制度のご案内

適合証明再取得費用補償制度チラシをご参照ください。



2. ご請求手続きのご案内

保険金支払事故ツールをご参照ください。



3. お問い合わせ窓口

【制度幹事・取扱代理店 】一般財団法人 食品産業センター
(所在地)〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目9番13号(三会堂ビル3F)
(TEL)03-3224-2393 ・(FAX)03-3224-2398

【引受保険会社 】東京海上日動火災保険株式会社 公務第一部二課
(所在地)〒102-8014 東京都千代田区三番町 東京都千代田区三番町6-4
(TEL)03-3515-4124 ・(FAX)03-3515-4125